ハーブティーの効果効能を徹底調査!

ハーブティーの飲み方から効果・効能まで徹底解説!

 

ハーブティーのにおいには癒し効能がある事は良く知られていますよね。ハーブティーは薬剤ではないものの、珈琲や御茶の代りにハーブティーを飲むようになってから冷え症が軽くなった、むくみが取れたなど、具合いが良くなったという人も数多いのではないでしょうか。

 

ハーブティーを飲み慣れていない者にとってハーブティーをお決まりのものにするのは難しい事です。なぜなら、朝珈琲を飲みカフェインで頭がすっきりした体験があると、大脳がそれを快感としてメモリーしますがハーブティーはカフェインが入っていない物が大半ですからそういう興奮は得られないからです。

 

その一方で、精神と肉体の心地さが持続ししかも美味しく飲めるとしたら、ハーブティーの作用を実感できたとその経験が大脳に刻まれパターン化する事ができます。そこで今回はハーブティーの効果的な手堅い5つの飲み方についてお伝えします。

 

 

 

ハーブティーの効果的な
手堅い5つの飲み方

 

 

なるべく専業店で買い取りしましょう
ハーブティー=ノンカフェインで肉体に優しいカフェインを含む緑茶・御茶・中国茶の原料のチャノキという草木は見事なハーブなので、これらに別のハーブを配合しても、ハーブティーと呼びます。又、ハーブティーは別のお茶と異なり焙煎などの加工をせず、摘まれた葉っぱや花のコンポーネントがそのまま体内に入る為元のクオリティーがくっきり出ます。

 

実際、外国ではカミルレの花を摘んでいる時に別の似た雑草を摘んでしまいそれが毒物要素を含んでいて大問題になった事がありました。ハーブティーにあまり肉体への効果が感じられない時は、淹れ方や飲み方の前に素材のハーブのクオリティが考えられます。また、保存も問題です。

 

御茶はアルミ包装で酸化を防いでいますが、雑貨店舗などではハーブティーは色調や形姿を見せ、匂いを外からでも感じられるようにしっかと包まれてはいません。ハーブはじんわり酸化していきます。

 

たまに心持を変えて一杯飲むのならそれほどクオリティを気にしなくても良いかもしれませんが、心身への作用を心当てする場合は、きちんと取締りされている専業店のほうが安楽して飲む事ができます。試味をさせてくれる事も多いので、はじめのうちは自分お好みのハーブティーを探り当てる事をおすすめします。

 

 

 

2ジャンルのハーブティーを飲み分ける
ハーブティーには、乾燥ハーブと生鮮ハーブの2ジャンルがあり、めいめいに差異があります。乾燥させてある乾燥ハーブは、1年近く保持ができるのでティーバックなども出あるように簡単に飲めます。水分をなくしているので薬効要素が濃くなり、ハーブティーにした場合のめいめいがもたらす効力はアップします。

 

一方生鮮ハーブは新鮮な生の葉っぱやもみ殻・花びらにお湯を注ぎ抽出するので、コンポーネントの抽出は乾燥の1/3程度ですが野生的な強いにおいが立ちます。所帯で無農薬育生したハーブなら安楽して使えますし、抽出液の色調は澄んだ緑色や黄色・翠色で面様にも眉目好いハーブティーですので、気分を上げる効目があります。

 

 

 

適した淹れ方でにおいやコンポーネントをかっちり出すのが大事
乾燥ハーブとフレッシュハーブでは、淹れ方も違います。正しく淹れるとにおいやコンポーネントをきちんと出す事が可能なので、ハーブティーにした時の心身への効目が高まります。

 

ドライハーブティーの淹れ方
1.ポットにハーブをティースプーンで2〜3杯入れます。急須でもかまいません。
2.ポットにお湯を注いで蓋をします。
3.葉や花は3分、実や根は5分程度を目安に蒸らします。
4.カップにゆっくり注ぎます。

 

 

 

フレッシュハーブティーの淹れ方
1.ハーブをきれいに洗って、湿り気を切っておきます。
2.ハーブを手の内で軽く叩き、でかい物はちぎってティーポットの中へ入れます。微細に切る必要はありません。
3.お湯をポットに注いでから上蓋をし、3〜5分ほど蒸らします。
4.ポットを2〜3回平面的に回し、濃さを同等にしてからマグカップに注ぎます。

 

いずれの時もお湯は90度くらいの熱湯を使用し、ポットとマグカップを温めておくのがハーブティーを美味しく実効的に飲むコツです。そして最初にコンポーネントがほぼ出てしまうので1回目で飲み切ってください。

 

 

 

飲みにくい場合はハニー、ミルク、アイスティで
ハーブティーの干草のような味わいが不好きな人も多いですよね。小々のクセや渋味もハーブティーの魅力なのですが、ハニーであま味を加えるとより飲みやすくなります。ミルクを入れて飲むと美味しいのがカミルレです。

 

煮出すか沸かしたミルクにティーバックを入れるとアップルミルクティーのようになり、身体を温め、安眠作用も期待できます。水出しアイスティーにするのもおすすめです。ヴィタミンC富饒なハイビスカスは10分も漬けておくとワインレッド色で薄ら酸っぱく美味しく出来上がります。

 

デトックス効力のあるペパーミントティーも夏季の水分填補にうってつけです。夏季にハーブティーを飲み始めるのもハーブティーのアドバンテージを早く感じられてハーブティーを慣例化するきっかけになります。

 

又、カラーも美味しさを知る重大な要因ですが、お湯で出すとグレイっぽい色つやのマロウは水出しすると最初がクリアーな青、時間が少々経つと紫に、さらに檸檬汁を加えるとサクラ色に変化する、まことにアイスティ向きのハーブです。粘膜を守るハーブなのでおなかや呼吸器に実効的です。

 

 

 

飲むとコンディションが悪くなる時があるのに用心!
薬草はほとんどがそうですが、ハーブの大部分はは毒にあたるコンポーネントを含んでいます。ハーブティーを持続して飲み、容態や美容への効き目を待望する場合は、用心が必須です。

 

用心するべき中心的なハーブティー

 

カモミール・エキナセア・カレンデュラ(キク科)・・・ブタクサやヨモギにアレルギー反応のある方は、かゆみを感じたり、息苦しくなる病態が出ることがあります。

 

フェンネル・コリアンダー(セリ科)・・・瓜を食べると口の周りがかゆくなるような方は、同じようなレスポンスを惹き起こす事があります。

 

セントジョーンズワート(オトギリソウ科)・・・鎮静効果や抗うつ効果があり療法にも用いられるハーブですが、血圧や体温を上昇させるので降圧剤と併用する事は大変危ないです。20ケ国以上で毒草と指定されているほどですので、専門家の指導が必須です。

 

ローズマリー・セージ(シソ科)・・・血圧を上げる影響があるので、高血圧症には不適任です。

 

花粉症などのアレルギー反応疾病を持つ人は、何科の草木にリアクションするのかを調べ、飲みたいハーブティーの草木を裏付して飲むのが安心です。又医薬を摂取していると厳烈な症候を起こす時もあります。いずれにしても、飲んで健康状態が悪くなった節は大至急にお医者さんの診療を受けてください。

 

女の人には受胎中や授乳中は沢山のハーブティーがNGになりますが、時によっては飲むと宜しいハーブティーもあります。今来はアロマや漢方を積極的に取り入れている産婦人科医も沢山いるので、助言を受けるのが良いでしょう。

 

 

 

いかかでしたでしょうか。ハーブティーには心身へのいろいろな効能があり、緊張社会には何が何でも取り入れてみたいシロモノのひとつです。何よりも、フレグランスのジャンルがたくさんで簡単にリラクゼーションやリフレッシュ可能なのが先ず以ての長所ではないでしょうか。

 

珈琲の配合はアマチュアではできませんが、ハーブティーの配合なら誰でも可能なため、自らの現在の状況に至適のハーブティーを自らで作る事ができますよ。

 

なお且つ、ハーブティーはオーガニック産品を売り込みしている店舗にも置かれている事が多いのでハーブティーもオーガニック産品だろうと思われがちですが、オーガニックハーブティーを名乗る為には有機JAS表号を収得しなければなりません。

 

ハーブティーの効力をより沢山感じる為にオーガニックにこだわるのであれば、インターネットストアなどで買取する時もパーミッションを受けている事を裏付けしてから買ってくださいね。

 

まとめ

 

ハーブティーの効能的な似合わしい5つの飲む方法は
・なるべく専業店で買いつけする
・ハーブティーには2ジャンルある
・似つかわしい淹れ方でフレグランスやコンポーネントをちゃんと抽出するのが大切
・美味しく飲める様々な方法がある
・飲むと体調が悪くなる時があるのに用心する

 

 

 

 

page top